My first Google App Engine By Python

下記URLの内容を順番に進める

http://code.google.com/intl/ja/appengine/docs/python/gettingstarted/

以下、気になったところ

…Pythonのインストールが必要になる、以下のURLからダウンロード&インストール(今回は、python-2.5.4.msiを「C:\Python25\」に標準インストール)

http://www.python.org/download/releases/2.5.4/

【蛇足】SDKとかをダウンロードするわけですが、チェックサムを調べるのにはFCIV ユーティリティ( http://support.microsoft.com/kb/841290/ja )を使うとべんり(-sha1 オプションを利用)

…Windowsの場合、「google_appengine/dev_appserver.py helloworld/」のコマンドが面倒なので、「Google App Engine Launcher」の「File > Add Existing Application …」を選択、「helloworld」フォルダを選択し、再生ボタン(Run)をクリックすると、http://localhost:8080/ でアクセスできるようになります。こうしておくと何かと(起動はもちろんデプロイとかも)便利です 😉

…「開発サーバーのデータストアをクリアする」のコマンド「dev_appserver.py –clear_datastore helloworld/」は「Google App Engine Launcher」の「Edit > Application Settings …」選択で開くダイアログの「Launch Settings」ないの「Extra Command Line Flags」に「–clear_datastore」を入力します。
毎回、クリアする場合はこの設定を維持したままにします。

…「アプリケーションのアップロード」のGoogle App Engine にアップロードするコマンド「appcfg.py update helloworld/」は「Google App Engine Launcher」の「Control > Deploy 」選択(もしくはDeproyボタン)で実施できます。

http://3j97ajk8.appspot.com/ できまがり!!

「完成おめでとうございます」

WordPress でAmazonから書籍情報を取得する2

tomokameさんが作られている「wp-tmkm-amazon」を利用させていただきました。」が以下のようなエラーがかなり前から発生、放置状態でした。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

理由はAmazonさん側のゴニャゴニャで、wk-tmkm-amazonの改良版を以下のサイトから取得してインストール、解決(詳しくは配布サイトさん)。

http://blog.openmedialabo.net/index.php/wordpress/wp-tmkm-amazon

復活した!、romeo さんサンクー!!

[tmkm-amazon]086571603X[/tmkm-amazon]

Google Analyticsで複数のプロファイルを利用

下記のような記述がありますが、一般的に行われているようです。

1 つのウェブページに複数の Google Analytics トラッキング コードを設置することはサポートされていない実装方法です。

(引用:http://www.google.com/support/analytics/bin/answer.py?hl=jp&answer=72298

また、若干意味合いが異なるかもしれないが以下のページが参考になるかもです。

通常単一ドメイン、単一プロファイルでトラッキングする場合は以下のコードを利用します。

<script type=”text/javascript”>
var gaJsHost = ((“https:” == document.location.protocol) ? “https://ssl.” : “http://www.”); document.write(unescape(“%3Cscript src='” + gaJsHost + “google-analytics.com/ga.js’ type=’text/javascript’%3E%3C/script%3E”)); </script>
<script type=”text/javascript”>
try {
var pageTracker = _gat._getTracker(“UA-YYYYYYY-ZZ”);
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}</script>

これを複数のプロファイルでトラッキングするには以下のようにするとよいらしい。
(参考:「はてな」さんのダイアリーのソース – 以下のように3つのプロファイルが利用されています。)

<script type=”text/javascript”>
var gaJsHost = ((“https:” == document.location.protocol) ? ” https://ssl.” : “http://www.”);
document.write(unescape(“%3Cscript src='” + gaJsHost + “google-analytics.com/ga.js’ type=’text/javascript’%3E%3C/script%3E”));
</script>
<script type=”text/javascript”>
try {
var pageTracker = _gat._getTracker(“UA-AAAAAAA-AA”); // ユーザ設定のプロファイル
pageTracker._initData();
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}
</script>
<script type=”text/javascript”>
var gaJsHost = ((“https:” == document.location.protocol) ? “https://ssl.” : “http://www.”);
document.write(unescape(“%3Cscript src='” + gaJsHost + “google-analytics.com/ga.js’ type=’text/javascript’%3E%3C/script%3E”));
</script>
<script type=”text/javascript”>
try {
var firstTracker = _gat._getTracker(“UA-BBBBBBB-BB”); // おそらくダイアリー固有のプロファイル
firstTracker._initData();
firstTracker._trackPageview();
var secondTracker = _gat._getTracker(“UA-CCCCCCC-CC”); // おそらく、はてなさん全体のプロファイル
secondTracker._setDomainName(“.hatena.ne.jp”); // サブドメインの設定がなされている
secondTracker._initData();
secondTracker._trackPageview();
} catch(err) {}
</script>

なるほどです。

さらに各プロファイルごとに設定が必要な場合は、「pageTracker 」、「firstTracker 」、「secondTracker」へ各々個別に行う必要があるでしょう。

複数トップレベルドメインでトラッキングする場合なら、「hogehogeTracker」の「_trackPageview();」実行前に以下のコードの追加が必要になるでしょう。

hogehogeTracker._setDomainName(“none”);
hogehogeTracker._setAllowLinker(true);