Google Analyticsで複数のプロファイルを利用

下記のような記述がありますが、一般的に行われているようです。

1 つのウェブページに複数の Google Analytics トラッキング コードを設置することはサポートされていない実装方法です。

(引用:http://www.google.com/support/analytics/bin/answer.py?hl=jp&answer=72298

また、若干意味合いが異なるかもしれないが以下のページが参考になるかもです。

通常単一ドメイン、単一プロファイルでトラッキングする場合は以下のコードを利用します。

<script type=”text/javascript”>
var gaJsHost = ((“https:” == document.location.protocol) ? “https://ssl.” : “http://www.”); document.write(unescape(“%3Cscript src='” + gaJsHost + “google-analytics.com/ga.js’ type=’text/javascript’%3E%3C/script%3E”)); </script>
<script type=”text/javascript”>
try {
var pageTracker = _gat._getTracker(“UA-YYYYYYY-ZZ”);
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}</script>

これを複数のプロファイルでトラッキングするには以下のようにするとよいらしい。
(参考:「はてな」さんのダイアリーのソース – 以下のように3つのプロファイルが利用されています。)

<script type=”text/javascript”>
var gaJsHost = ((“https:” == document.location.protocol) ? ” https://ssl.” : “http://www.”);
document.write(unescape(“%3Cscript src='” + gaJsHost + “google-analytics.com/ga.js’ type=’text/javascript’%3E%3C/script%3E”));
</script>
<script type=”text/javascript”>
try {
var pageTracker = _gat._getTracker(“UA-AAAAAAA-AA”); // ユーザ設定のプロファイル
pageTracker._initData();
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}
</script>
<script type=”text/javascript”>
var gaJsHost = ((“https:” == document.location.protocol) ? “https://ssl.” : “http://www.”);
document.write(unescape(“%3Cscript src='” + gaJsHost + “google-analytics.com/ga.js’ type=’text/javascript’%3E%3C/script%3E”));
</script>
<script type=”text/javascript”>
try {
var firstTracker = _gat._getTracker(“UA-BBBBBBB-BB”); // おそらくダイアリー固有のプロファイル
firstTracker._initData();
firstTracker._trackPageview();
var secondTracker = _gat._getTracker(“UA-CCCCCCC-CC”); // おそらく、はてなさん全体のプロファイル
secondTracker._setDomainName(“.hatena.ne.jp”); // サブドメインの設定がなされている
secondTracker._initData();
secondTracker._trackPageview();
} catch(err) {}
</script>

なるほどです。

さらに各プロファイルごとに設定が必要な場合は、「pageTracker 」、「firstTracker 」、「secondTracker」へ各々個別に行う必要があるでしょう。

複数トップレベルドメインでトラッキングする場合なら、「hogehogeTracker」の「_trackPageview();」実行前に以下のコードの追加が必要になるでしょう。

hogehogeTracker._setDomainName(“none”);
hogehogeTracker._setAllowLinker(true);

CentOS5.2でgitを使う

epelレポジトリを使えるようにする(x86_64は32ビット環境ならi386)。

$ wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-3.noarch.rpm
$ sudo rpm -ivh epel-release-5-3.noarch.rpm

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
「enabled=1」を「enabled=0」に変更

$ sudo yum –enablerepo=epel install git

私の環境では以下のパッケージがインストールされた

===================================================================================
Package             Arch            Version                   Repository     Size
===================================================================================
Installing:
git                 x86_64          1.5.5.6-4.el5             epel          3.4 M
Installing for dependencies:
perl-Error          noarch          1:0.17010-1.el5           epel           26 k
perl-Git            x86_64          1.5.5.6-4.el5             epel           16 k

自分の設定、名前とメールアドレスを設定

$ git config –global user.name “HOGE, Hogeo”
$ git config –global user.email “hogeo@example.com”
$ cat .gitconfig (確認)

以下のようになるはずです。

[user]
name = HOGE, Hogeo
email = hogeo@example.com

以下のようにすると、出力が見やすくなるらしいです。
$ git config –global color.ui auto

参考(ままですが):http://www.cafechantant.com/trac/wiki/git

ついにcandycaneソース公開!!

待望のCakePHP製BTS、candycaneのソースが公開された!

http://d.hatena.ne.jp/yandod/20090728/1248737029

開発状況の公開といったところです。

だそうですが、今携わっているプロジェクトでGitを利用する予定なので、このプロジェクトで利用してみよう。週末に環境を整えてみよう。

#私はTrac野郎なので「Trac + Trac Git Plugin」も並行利用かな、、、redmineでなく

↓↓安藤さん+新原さん+堂園さんの本の紹介↓↓

[tmkm-amazon]4839932468[/tmkm-amazon]